NULLデオドラントジェルの効果がでない使い方【3選】

 

 

 

「効率的に早く効果が出る使い方を知りたい・・・」

 

そんな声にお答えします。

 

調べてみると、やってはいけない3つの使い方が出てきました。
本記事でなぜダメなのかを理解すれば、望む結果を効率的に得れると思います。

 

逆に言えば間違った使い方を理解して上手にNULLを使う事で
最短最速でまとめる結果を手にできるはずです。

 

 

 

 

 

1.絶対やってはいけない使い方3選

なんといってもNULLデオドラントジェルは非常に伸びが良く使いやすいです。
販売会社の推奨は一回当たりの使用量は米粒1、2個程度と説明されています。

 

ぶっちゃけてかなり少ないです。(汗)

 

ただしそれが故に、なるべく1本を長く持たせたいと人間の損得勘定が働くと
心理的に1回あたりの量が少なることがあるかもしれません。

 

 

町のドラックストアなどで販売されている安価な制汗剤、消臭剤にくらべて
値段が高いかもしれませんが、だからこそ正しい量で使ってみて効果が出るのか試すべきだと思います。

 

なんとか臭いを克服したいと大きな悩みを抱えている人に多いと思います。

 

 

せっかく購入したのだからなるべく早く結果を出したいという気持ちは
痛いほどわかりますが、効率的に臭いを解消するために結果を焦ってはいけません。

 

 

気持ちが強ければ強いだけ無意識に使用量が多くなっているかもしれないので
一度、適正な量がどれくらいのものか見直す必要があるかもしれません。

 

いくら正しい量を使っていたとしても、
雑菌っだらけの環境では効果も薄れてしまいます。

 

 

かいた汗をそのままの状態にしておくと
時間が経てば雑菌増えていき臭いが強くなってしまいます。

 

 

機能的に優れた消臭剤を正しい方法で使っていても
使用している箇所に雑菌が多くいては本末転倒です。

 

その努力とお金は報われないと思うと切なくなります。

 

 

以上の点から効率的に結果を出すために大切なのは、

 

  • 正しい使用料
  • 正しい環境
  • 正しいタイミング

 

を知ることです。

 

気になる匂いに、楽天1位獲得の【メンズ専用 NULLデオドラントジェル】

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3594SD+B8US4Y+328C+TSBEB

 

 

2最短最速で結果を出すため

 

 

公式ページには米粒1〜2程度と書いてあります。

 

 

ポイントは正しく量を確認するためにまとめて指先に強くけることです。

 

 

直接わきや足先、耳うらなどにはジェルを出すのはおすすめしません。
しっかりと毎回正しい量を使えているのかを確認しましょう。

 

環境がしっかりと整っていれば自ずとNULLデオドラントジェルの効果も体感できると思います。

 

わきがなどの原因は、汗そのものというよりかは、汗の雑菌が繁殖よって臭い強くなるからです。
なのでこまめに雑菌を拭き取るように癖づけることが有効です。
ウェットティッシュは殺菌シートを使って雑菌が繁殖しにくい環境を作りましょう。

 

 

また脇や、デリケートゾーンが気になる方は、ムダ毛の処理をしてみるのも効果的です。
ムダ毛があることでより湿気がたってしまい、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまっている場合があります。
毛は生えてくる物なので毛量が多かったり気にされている方は試しに毛の処理をしてみてはどうでしょうか?

 

 

ただし、むやみやたらに毛を抜いてしまうと肌が炎症してしまう事もあるので、初めは長さを短くするなど、
徐々に段階を踏んで処理していく方がよいと思います。

 

もちろん根本的に治したい方は生活習慣から見直す必要があるかもしれませんが
まずは物は試しで即効性を求める方はNULLデオドラントジェルをおすすめします。

 

いまなら期間限定で特典がついているようです。

 

2個以上を同時購入でもう1個プレゼントされます。
例えば2本買った場合、3本送られてきます。

 

実質1本あたり1,200円(税抜き)です。
30%以上もお得です。

 

詳しい成分などを知りたい方は下記の公式ページを確認してみてください。